システムエンジニアの35歳定年とは

システムエンジニアの場合、「35歳定年説」が業界では有名である。実際に35歳で定年退職という規定を設けている会社はないと思うが、システムエンジニアの35歳定年説が語られるのにはこの仕事ならではの理由がある。

先ず一つ目として、「管理職への昇進」が挙げられる。システムエンジニアの仕事は、プログラミングやアプリ開発などのソフトウェア関連業務、サーバーやルーターなどを扱うネットワーク構築関連業務等であるが、いずれもその分野で働く人たちは最前線の現場で活躍する技術者であろう。これら技術者が現場で実務経験を積んだ後、管理職に昇進するのが早くて35歳くらいである。一般的に管理職になると現場の実務を離れ、マネジメント業務にシフトするのが普通であり、この昇進を持って現場技術者の卒業とみるのであろう。

もう一つは、「他企業への転職」が挙げられる。一般的に転職市場における旬の年齢は35歳までと言われており、その年齢を境に他の職種に転職する人も多い。特に、最前線で頑張るシステムエンジニアの場合、徹夜や土日出勤の激務に体がついていかず、もう少し時間と体力に余裕のある仕事探し始める年齢が35歳くらいとなり、転職市場の旬年齢とも相まって転職を考える契機となる。また、技術者として活躍してきたこともあり当然ながらPC操作やオフィスアプリにも精通しているので、転職先には技術系に限らず事業企画や経理などスタッフ系職も候補に入り、転職先の幅が広いことも転職を促す契機となるのである。