早い内からキャリアを見据えて

システムエンジニアは早くに定年を迎える、との話は多く聞かれるものだ。これは技術の進歩についていけなくなることの揶揄であるが、実際に現役のエンジニアとして40代ともなると、転職先はなかなか見つからなくなる。その為、経験もあり体力的にも余裕のある30代の内に転職するエンジニアが多くいる。
どの会社も、たとえ未経験者であっても若い戦力を求めがちである。ハードな仕事を乗り越える体力と、環境の変化に対応できる柔軟性があるからだ。一方で年齢を重ねたシステムエンジニアはどうかと言うと、これまでの経験を活かせるような業務なら求人もそれなりには確保されている。内容としては管理に関わる業務が多く、プロジェクトを遂行するための多くのスキルを持つことが期待されるものだ。

そこで、現役で活動できる期間を自分なりに設定して、それまでにどんなスキルアップを行うのかを定めることが大切だ。と言っても主に、エンジニアとしての技術ではなくリーダーとしてのスキルが必要となる。そのためのセミナーを受けたり管理に関する勉強をして、必要なスキル習得を目指すことが必要だ。具体的には、クライアントからの依頼を受ける際に仕様書をそのまま受け取るのではなく、さらに品質を高めるための提案を行うことが必要だ。さらにプロジェクトに関わるメンバーの管理も大事な仕事となる。問題が発生していないか、どうすれば目標達成に向けて一丸となれるかなどのビジネススキルが必要なのだ。仕事人生は長いものであるため、キャリアプランをどう立てるかは非常に大事と言える。